認知症の改善・予防を目指すご家族を支えるサイト

認知症の進行を食い止めるために

認知症や、その前段階の症状を食い止めるための情報をご紹介。認知症の診断・治療におすすめの病院や、認知機能改善に役立つ情報をまとめています。

家族が「軽度認知障害」と診断されたら進行を食い止めたい人のためのMCIナビ » 東京で認知症におすすめの病院 » 国立精神・神経医療研究センター病院(東京)の認知症検査の特徴と口コミ評判

国立精神・神経医療研究センター病院(東京)の認知症検査の特徴と口コミ評判

認知症のセンター病院

2017年4月に始動した国立精神・神経医療研究センター病院の認知症センターは、認知症にかかわる病院や研究所職員の臨床研究・治験の協力を行う、ハブの役割を目指しています。認知症センターは独立の専門外来はなく、認知症センターに所属する精神科医や脳神経内科などの医師によって、地域連携型の東京都認知症疾患医療センターを運営しています。また月に一度開催されている、認知症に関心のある方は誰もが参加できる認知症カフェ「オレンジカフェ」では、参加者の間で相談や治験等の情報提供などといった交流をすることができます。認知症センターに所属する医師や認知症看護認定看護師、心理療法士も参加しているため、医療や介護についての相談も可能です。

受診を希望される方は、「もの忘れ外来」を受診します。診察では認知症かその他の病気かという総合的な判断を、検査では血液検査・尿検査・心電図・心理検査・CT・MRI・脳血流SPECT検査等を、診断結果では認知症専門医が診断結果・今後の治療方針を説明します。診断後は地域のかかりつけ医に、かかりつけ医がいない方には近隣の医療機関を紹介し、認知症の方とその家族が安心して暮らせるような地域づくりをすすめています。

国立精神・神経医療研究センター病院の口コミ評判

父が認知症になったので、専門外来のあるこの病院を紹介してもらいました。専門の先生がしっかり父と話し、また家族の私たちとも話した後、精神科の先生の受診、後日MRIの検査、MRI脳血流の検査などをしましたが、待ち時間は少なかったです。

丁寧に患者の立場にたって納得いくまで話をしてくれました。治療法や入院などについても許すかぎり、患者の医師を尊重してくれる対応をしてくれます。病気は辛いですが、目を見て手を取り一緒に考えてくださる先生に出会えて幸せだと思っています。

患者さんは精神的な障害や身体的な障害を持っている方がほとんど。 そのような方々へ医療を提供しているためか、とても優しい対応です。、いろいろな経験をもとに患者を介護する家族目線で話をきいてくれているのだと思います。

国立精神・神経医療研究センター病院の基本情報

院長 中込 和幸
所在地 東京都小平市小川東町4-1-1
アクセス ・西武線「萩山」駅より徒歩7分 ・JR「新小平」駅より徒歩10分
診療時間 予約制 初診予約はFAXにて予約
公式サイトURL https://www.ncnp.go.jp/hospital/

サイトマップ

バナー バナー