認知症の改善・予防を目指すご家族を支えるサイト

認知症の進行を食い止めるために

認知症や、その前段階の症状を食い止めるための情報をご紹介。認知症の診断・治療におすすめの病院や、認知機能改善に役立つ情報をまとめています。

家族が「軽度認知障害」と診断されたら進行を食い止めたい人のためのMCIナビ » 軽度認知障害を放置してしまうと、将来なりやすい病気 » 失禁

失禁

認知症の患者の中には、周辺症状の一つとして失禁が見られることがあります。失禁とは、意図せずして尿を漏らしてしまうこと。介護する側にとってはやや困った事態ですが、認知症による失禁は、周囲が適切に対処することにより大きく改善することもあります。「トイレの場所を分かりやすくする」「決まった時間にトイレに行く」等、すぐにでも具体的な対策を実行しましょう。

認知症の周辺症状の失禁はどんな症状か

意図せず尿を漏らしてしまう症状のことを失禁と言います。高齢者における失禁の種類を確認してみましょう。

以下、認知症が原因で生じる機能性失禁について、原因と対応を見ていきましょう。原因を詳しく知ることよりも、失禁への対応法を知ることのほうが大切です。

周辺症状として失禁を起こす原因

機能性尿失禁は、認知症を原因としたADL(日常生活動作)の低下、および認知機能の低下によって生じます。

ADL(日常生活動作)の低下による失禁

認知症による身体機能の低下(歩行困難など)により、排尿の準備までに時間がかかり、結果、失禁してしまいます。認知症ではなくとも、加齢によるADL低下が原因で生じることもあります。

認知機能の低下による失禁

認知症による見当識障害などの周辺症状として、失禁が見られることがあります。

具体的には、トイレの場所が分からないこと、トイレの使い方が分からないこと、排泄行為自体を理解できないこと、尿意を認識できないこと、尿意があるにも関わらずトイレに行き忘れることなどが原因で生じる失禁です。

認知症による失禁への対応と治療法

認知症によって失禁症状が見られた場合の対応、および治療法について見ていきましょう。具体的な対策を実施することにより、失禁症状は大きく改善されることがあります。

対応

基本的な姿勢としては、「たとえ失禁したとしても本人を責めない」ということ。本人の自尊心を傷つけることは、失禁以外の認知症状をも悪化させる原因となります。怒らず、優しく対処してください。

また運動機能的に問題がない場合には、オムツを使うのではなく、なるべくトイレを使うよう促しましょう。日常生活をなるべく自立させることこそ、認知症の各種症状の進行を抑えるための基本です。

以上を踏まえたうえで、具体的に以下の対策を実施してください。

以上の対策をもってしても失禁症状に変化がない場合には、ケアマネージャーなどの専門家に相談するようにしましょう。

一人でトイレに行ける、これはご自宅で暮らすのに重要なポイントです。 しかし、たとえ、いつトイレに行ったらいいかわからなくて失禁しても、いまはいい紙パンツがあります。 そんなものは使いたくないという方もいらっしゃいますが、紙パンツを使ったからといって症状が進行するわけではありません。 ふつうのパンツで失禁してしまうほうが、気分も悪く、自尊心にも差し障るし、あとかたづけをするご家族にも負担です。 歩けるのだし、紙パンツなど使わず、トイレがわかるように鍛錬しよう、などと思わないでください。 トイレの位置も定かではなくなり、尿意も自分でわからなくなるのです。 難行苦行を積めばよくなる、という病気ではありません。

引用:「無理をしない認知症との付き合い方」p.129-130
著者:横浜市立大学附属病院神経内科教授 鈴木ゆめ

治療法

認知症による失禁は、あくまでも認知症の周辺症状の一種。よって、基本的には上記の対応を取りつつ、医師から処方される認知症治療薬(ドネペジル、ガランタミン、リバスチグミン、メマンチンなど)を服用して失禁症状の緩和を目指します。

なお失禁への対症療法として、抗コリン薬、抗うつ薬、向精神薬が有効な場合もあります。

サイトマップ

バナー バナー