認知症の改善・予防を目指すご家族を支えるサイト

認知症の進行を食い止めるために

認知症や、その前段階の症状を食い止めるための情報をご紹介。認知症の診断・治療におすすめの病院や、認知機能改善に役立つ情報をまとめています。

家族が「軽度認知障害」と診断されたら進行を食い止めたい人のためのMCIナビ » 軽度認知障害を放置してしまうと、将来なりやすい病気 » 妄想

妄想

認知症の代表的な周辺症状の一つが、妄想。特に、誰かが自分の大事なものを盗んだと思い込んでしまう「物盗られ妄想」が多く見られます。「物盗られ妄想」の犯人にされてしまうのは非常に不快ですが、これを否定しても本人の思い込みは絶対に訂正されません。否定せずに話を聞き、かつ背後にある本人の感情のメッセージを受け止めることが大切です。

認知症の周辺症状の妄想はどんな症状か

妄想とは、一般に「現実にはないことを真実と思い込み、かつ、その思い込みを周囲が否定しても訂正できない状態」のことを指します。

認知症の周辺症状による妄想の大半は被害妄想。自分が何らかの被害に遭ったと思い込んでしまう症状です。被害妄想の中でも特に多いタイプが「物盗られ妄想」。認知症による妄想の8割ほどは「物盗られ妄想」と言われています。

以下、認知症の周辺症状として見られる代表的な妄想のタイプを見てみましょう。

物盗られ妄想

預金通帳や印鑑、現金など、自分が所有している貴重品等を「誰かに盗まれた」と思い込んでしまう症状のことを、物盗られ妄想と言います。もっとも身近にいる人(介護する家族など)を犯人と思い込んでしまうケースが大半です。

犯人扱いされた人は、もちろん否定します。しかし、いかに論理的に説明をしても、本人の思い込みを改めることはできません。むしろ、否定すればするほど「やはりお前が犯人だ」という思いを深めてしまうことがあります。

周囲から攻撃を受けているという妄想

「家族に邪魔もの扱いされている」「看護師が自分の悪口を言っている」など、他人から各種の攻撃を受けていると思い込んでしまう患者もいます。これらの本人からの訴えを遠方の親族などが聞き、介護者が虐待を疑われて警察から聴取された例もあります。

その他の妄想

配偶者が浮気していると思い込む嫉妬妄想や、知らない人が家の中に入ってきて食事をして消えた等、上記のほかにもさまざまな妄想を抱くことがあります。

「知らない人が家に侵入してきて、昼に食べる予定だった煮物を全部食べてしまった。その人は証拠隠滅を図るために、食器を全部洗ったのちに家から消えた」など、妄想の内容が具体的なこともあります。

周辺症状として妄想を起こす原因

周辺症状としての妄想の原因は、一言で言えば認知機能の低下です。ただし、症状に応じ、さらに具体的な原因が隠れていることがあります。

物盗られ妄想の原因

認知機能の低下による記憶違いが原因ですが、その背景には、本人の役割を否定されたことや、本人の自尊心が傷つけられたことが隠れていることがあります。

周囲から攻撃を受けているという妄想の原因

認知機能の低下により、周囲の状況を正しく認識できずに誤解を抱いてしまっていることが原因です。また、自分の感情を上手にコントロールできない怒りが、「周囲が自分に怒っている」との認識にすり替わってしまう場合もあります。

その他の妄想の原因

背景には、強い孤独感や不安、役割の喪失による悲しみなどが隠れている場合があります。

認知症の妄想への対応と治療法

認知症による妄想が見られた場合の対応、および治療法について確認しておきましょう。

対応

妄想に対応する際の基本的な姿勢は以下の3点です。

否定しないで話を聞く

認知症による妄想を否定しても、本人が思い込みを訂正することは絶対にありません。よって、否定することは何ら意味がないことを周囲は強く理解しておいてください。周囲の人は、悲しい気持ちや怒りの気持ちを抑え、否定せずに話を聞く、という姿勢を貫きます。

本人の感情のメッセージを受け止める

妄想の内容そのものよりも、妄想の背景にある本人の感情を受け止めることが大事。通常、妄想の背後には「気持ちを分かって欲しい」「一人の人間として尊重して欲しい」などの、感情面でのメッセージが隠れています。妄想に対してではなく、感情に対応する姿勢が大切です。

介護者が一人で抱え込まない

上記の「否定しない」「感情を受け止める」などは、確かに正しい対応姿勢ではあるものの、介護は理屈だけではできません。介護者一人でこれら妄想に対応するのではなく、ケアマネージャーに相談するなど、周囲の力を借りることも大切です。介護者が疲弊してしまっては、被介護者もあわせて共倒れになってしまう恐れがあります。

治療法

認知症を原因とする妄想は、あくまでも認知症の周辺症状として現れる症状。よって妄想を軽減させるためには、妄想そのものの治療を目指すのではなく、認知症そのものの治療(進行抑制)を目指すことになります。具体的にはドネペジルやガランタミン、リバスチグミン、メマンチンなど、医師から処方される認知症治療薬を服用し、症状の進行を抑えます。

なお妄想の種類や程度にもよりますが、対症療法として医師から向精神薬や抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬などが処方されることもあります。

引用:熊本病院機構熊本医療センター「【第196号】認知症について、認知症治療薬について」

サイトマップ

バナー バナー