認知症の改善・予防を目指すご家族を支えるサイト

認知症の進行を食い止めるために

認知症や、その前段階の症状を食い止めるための情報をご紹介。認知症の診断・治療におすすめの病院や、認知機能改善に役立つ情報をまとめています。

家族が「軽度認知障害」と診断されたら進行を食い止めたい人のためのMCIナビ » 札幌近郊でおすすめの認知症を検査できる病院リスト » 札幌医科大学附属病院神経精神科(札幌)の認知症検査の特徴と口コミ評判

札幌医科大学附属病院神経精神科(札幌)の認知症検査の特徴と口コミ評判

もの忘れ専門外来

札幌医科大学附属病院神経精神科は、医育機関の機能のひとつとして、北海道の精神科医において、リーダー的人材に適している医師の育成を行なっています。また専門外来としては、「もの忘れ専門外来」、「GIDクリニック」、「女性外来」を行なっています。他科に入院中の精神医学的診断や治療が必要な患者には、コンサルテーションリエゾンとして往診も行っています。入院療養としては、軽いうつ病から、身体管理と精神医学的治療が必要な方まで様々な患者が入院しています。出来る限り短期間で退院・転院できるように、ケースワークも行なっています。

もの忘れ専門外来は、認知症かどうか初期診断をするための外来です。もの忘れを自身で気づく、または周りが気づいた場合、それが認知症かを知りたい方が対象です。認知症とほかで診断されていても、大学病院で診断しなおして欲しい場合は受診が可能で、認知症のアルツハイマー型やレビー小体型などの種類を再検討します。「もの忘れ外来」は水曜日、完全予約制となっています。

札幌医科大学附属病院神経精神科の口コミ

さすが大学病院と、信頼しています。医師の説明が的確で、看護師の対応もプロです。大学病院なので設備などに不満はありません。どれも最新設備なのかな?とさえ思っています。

親身になってくれ、病気以外のことでも声をかけてくれ、本当に感謝の一言です。特にロビーでは、案内のボランティアさんや医療スタッフもいて、全く困りませんでした。病室やトイレなどの設備は古いですが、清掃などはきちんとされていて、清潔感がありました。

検査や診察で呼ばれる時は、患者の間違いを防ぐために、全てフルネームで呼ばれます。しかし、事情によって呼んで欲しくない場合は、伝えるときちんと対応してくれるようで、プライバシーの配慮もしてくれます。

札幌医科大学附属病院神経精神科の基本情報

院長 土橋 和文
所在地 札幌市中央区南1条西16丁目291番地
アクセス ・地下鉄東西線「西18丁目」駅より徒歩3分
・市電「西15丁目」駅より徒歩3分
・JR北海道バス啓明線(51)「医大病院前」下車
啓明線(53)「南3条西16丁目」下車
桑園円山線(桑11)「医大病院前」下車
診療時間 受付時間:
初診 平日 8:45~11:00
再診 平日 8:00~11:00
休診日 土曜、日曜、祝日
公式サイトURL http://web.sapmed.ac.jp/hospital/index.html

サイトマップ

バナー バナー