認知症の改善・予防を目指すご家族を支えるサイト

認知症の進行を食い止めるために

認知症や、その前段階の症状を食い止めるための情報をご紹介。認知症の診断・治療におすすめの病院や、認知機能改善に役立つ情報をまとめています。

家族が「軽度認知障害」と診断されたら進行を食い止めたい人のためのMCIナビ » 進行を食い止める 軽度認知障害を改善・予防をしていく方法 » 運動 » コグニサイズ

コグニサイズ

軽度認知障害(MCI)向けの運動療法
コグニサイズとは

軽度認知障害(MCI)を改善するために、国立長寿医療研究センターが自治体と連携して開発した運動療法です。

運動と認知の両方を組み合わせたトレーニングで、「コグニション(Cognition(認知))」と「エクササイズ(Exercise(運動))」という2つの単語を組み合わせているのが名前の由来。

コグニサイズを行ったことで、実際に認知機能の低下を抑制した結果が出ています。

運動をしながらしりとりや計算といった簡単に頭を使えるトレーニングを行うもので、無理せず続けられるのがポイント。

自宅でできるのはもちろん、インストラクターが教えてくれる教室もあるんですよ。

コグニサイズのやり方

トレーニングイメージ運動になりますしゲーム感覚で脳のトレーニングもできるため、楽しく続けられそうですよね。

ご家族と一緒に行うとより効果的で、熱中しすぎて周囲の事物にぶつかったり、転んだりしてしまわないよう、十分に注意できます。

かんたんなルールのコグニサイズからはじめ、慣れてきたら難易度を上げていくと、脳の刺激になるのでより効果的です。

初めてコグニサイズを行うというご本人やご家族の方に向けて、難易度が優しいものをご紹介しましょう。注意点も併せて読んでから、挑戦してみてくださいね。

足踏みコグニサイズ【難易度:優しい】

  1. 一定のリズムに合わせて足踏みをしながら数を数えます。
  2. 足踏みに合わせながら1、2、3と声を出します。
    3、6、9など3の倍数のときだけ声を出さずに手をパチンと叩きます。
  3. 例:1、2、パチン(手を叩く)、3、4、パチン(手を叩く)

マルチステップコグニサイズ【難易度:優しい】

  1. 右足を前、左足前、右足横、左足横の順に足を動かします。
  2. レベル1の足踏みコグニサイズと同様、3の倍数のステップになったときだけパチンと手を叩きます。

コグニサイズを行う前に~注意点~

楽しい範囲で行う

 楽しいイメージ運動は無理をせず、楽しいと感じる範囲で行いましょう。答えに詰まったり、動きを間違えたりしても、初めからやるのではなく、そのまま続けることが大切です。

一生懸命に頑張り過ぎるのは、本人が「辛いから続けたくない…」と続かなくなる元になるのでNG。息が続かないほどきつい運動せず、少しだけ息が上がる程度を意識してくださいね。

運動自体がストレスになってしまっては元も子もないので、あくまでも本人が「楽しむこと」を優先に行いましょう。

本人が続けられる運動量・時間に調整すること

コグニサイズは継続することが大切です。そのため、1日に行う運動量や時間も無理のない程度に設定しましょう。

目安は1日30分(10分3回)を週3日以上。コグニサイズは運動を継続することで、徐々にその効果が発揮されるものです。

複数の対策を行なうことが大切

食事イメージ認知機能を向上・維持するためには、運動と同時に複数の対策を行なうことが重要。脳に刺激を与えることで認知機能の低下が抑制され、認知症への進行を食い止めることができます。そのため運動だけでなく、複数の方法を使うとより効果的になります。

例えば食事メニューに認知機能を維持サポートする栄養成分を取り入れるのも対策になります。運動をしながら、食事面にも気を付けてみましょうね。

認知機能の改善効果が
実証された成分
「プラズマローゲン」とは?

サイトマップ

バナー バナー