認知症の改善・予防を目指すご家族を支えるサイト

認知症の進行を食い止めるために

認知症や、その前段階の症状を食い止めるための情報をご紹介。認知症の診断・治療におすすめの病院や、認知機能改善に役立つ情報をまとめています。

家族が「軽度認知障害」と診断されたら進行を食い止めたい人のためのMCIナビ » 神奈川で軽度認知障害におすすめの病院 » 横浜新都市脳神経外科病院

横浜新都市脳神経外科病院

横浜新都市脳神経外科病院の特徴

患者さんの満足と安心を第一に

横浜における脳卒中急性期中核病院「新都市病院」という愛称で親しまれている横浜新都市脳神経外科病院は、「患者さんの満足と安心を第一に」の病院理念のもと、24時間365日体制で救急患者を受け入れています。メモリー(高次認知機能)ドックは、日本認知症学会専門医、眞鍋医師を迎え開設された、認知症に特化した病院独自の検査内容のドックです。最先端医療機器を使用し、アルツハイマー型認知症の発見に役立つ「SPECT」や、海馬の萎縮がないかを見る検査「頭部(海馬)MRI」、「認知機能検査」、「血液検査」で、認知症の早期発見・早期治療に努めています。

認知症診断センター「物忘れ外来」は、認知症疾患医療の最前線に立つ3名の日本認知症学会専門医が診療にあたっています。認知症の診断は年齢相応の物忘れと見分けがつけにくく初期ほど難しくなるため、専門的な知識と診察、高度な検査機器と熟練した読影技術が必要になります。横浜新都市脳神経外科病院一般臨床医では、診断が難しい早期の認知症性疾患(健忘型軽度認知障害)の診断も行っています。認知症には、「アルツハイマー病」、「レビー小体病」、「脳血管障害」などの様々な原因疾患がありますが、パーキンソン病およびレビー小体型認知症といったレビー小体病の分野では、より精緻な診断・高度な治療を提供しています。

横浜新都市脳神経外科病院の口コミ評判

的確な判断とわかりやすい説明をしてくれる

こちらの質問にも何時も厭な顔一つせずに答えてくださいます。今まで出会った医師の中でもっとも人間味溢れる対応をしてくださり、患者や家族に対してとても繊細な気配りをしてくださいます。

横浜新都市脳神経外科病院の所属医師

眞鍋 雄太(認知症診断センター部長)

認知症診断センター部長を務め、レビー小体病、認知症性疾患、内科一般を専門とする医師。医学博士であり、日本認知症学会専門医、日本認知症学会指導医、レビー小体型認知症サポートネットワーク東京顧問などの資格を所持しています。

横浜新都市脳神経外科病院の基本情報

横浜新都市脳神経外科病院
引用元:横浜新都市脳神経外科病院公式サイト
(https://www.yokohama-shintoshi.jp/)
院長 森本 将史
診療科目 脳神経外科 脳神経内科 循環器内科 整形外科 リハビリテーション科 内科 認知症診断センター「物忘れ外来」 形成外科 泌尿器科
所在地 神奈川県横浜市青葉区荏田町433
電話番号 045-911-2011
アクセス ・東急田園都市線「江田駅」より、国道246号線渋谷方面へ500m(荏田町の信号右折)徒歩8分 ・横浜市営地下鉄「中川駅」よりタクシーで5分
診療受付時間 月~金曜 8:00-11:30 / 13:00-16:00
土曜 8:00-11:30
※脳神経外科・内科の外来診察時間は午前のみ
休診日 日曜
公式サイトURL https://www.yokohama-shintoshi.jp/
備考 専門外来:認知症診断センター「物忘れ外来」

サイトマップ

バナー バナー