認知症の改善・予防を目指すご家族を支えるサイト

認知症の進行を食い止めるために

認知症や、その前段階の症状を食い止めるための情報をご紹介。認知症の診断・治療におすすめの病院や、認知機能改善に役立つ情報をまとめています。

家族が「軽度認知障害」と診断されたら進行を食い止めたい人のためのMCIナビ » 軽度認知障害(MCI)と診断された方・ご家族の体験談 » 「運転が大好きな父を説得」

「運転が大好きな父を説得」

運転が大好きな父が脳梗塞で倒れる

72歳になる父は東京の郊外に住んでおり、仕事を引退するまで自動車を運転していました。
「生きる上で運転は欠かせない」と言うほど運転が好きで、休みの日は気ままにドライブをしています。

しかし母の葬儀が終わり2週間経って、父は脳梗塞で倒れてしまいました。母の葬儀で大きなストレスがかかってしまったのかも知れません。
父は70代まで大きな病気をしたことがありませんでした。そのせいか健康面で強い自信を持っていて、脳梗塞で退院したあとに「治った!」と言って聞かないのです。後遺症がなかったのは確かに安心しました。だけど痛みや痺れがあって、発症前の元の状態に戻ってないので、完治したわけではないのです。

先生から「自動車の運転再開は脳梗塞を発症して半年以上経ってから」と言われて、父は猛反発。
私たち家族は父の様子を見て「まだ運転をする気なんだ…」と、心配しました。
というのも父は脳梗塞を発症する前に、大きなスピード違反を犯し、30日間免停を受けたからです。
母の介護のために急いで帰りたかったと言っていましたが、運転能力だけでなく、倫理の感覚も甘くなっているのでは…と危惧しました。

先生と話し合って、父に免許返納して貰おうということになりました。

認知外来に行く様、父を説得

父には脳梗塞を発祥したから免停になっていて、また運転をするなら医師の診断書が必要だと説明しました。
驚くことに父は試験場へ自分で向かい、試験場のOKを貰って来たのです。
まさかこんなに運転をしたがるとは思っていませんでした。

だけど公安委員から結局「医師の診断書が必要」と通達が届き、一安心。
父に「認知外来を受けて、何もないなら安心して運転できるだろう。自分たちも父が運転できるように支援するから、一度診断を受けよう」と説得しました。

すると父は診察を受けてくれることに。認知外来の診察を受けに行きました。

軽度認知障害(MCI)と診断され、しぶしぶ運転を諦めた父

認知外来で診察を一緒に受け、父の様子に驚きました。15分前にした質問を、父が覚えていなかったのです。診断の結果は「軽度認知障害(MCI)」。聞いたことのない診断名でしたが、なんらかの症状はあるだろうと思っていたので、予測通りでした。

主治医に相談したところ、軽度認知障害の結果から、運転再開を認める診断書は書けないと言い渡されました。
それでも父は運転するのを諦められない様子だったので、父が自動車を運転できないように、私が鍵を預かっていました。

年明けに父が「試験場から免許返納の手続きの書類が届いた」と言い出しました。恐らく先生が公安委員会に報告してくれたのかも知れません。
父はここでようやく免許返納をしに行きました。

代わりに生きがいと思えるものを…

運転_イメージ父が運転ができなくなったことで私たち家族としては安心しましたが、父の「軽度認知障害」の症状が進行するのではという点ではあまり安心できていませんでした。

運転が出来なくなってからというものの、父の言動を見聞きしていると「物忘れの症状が強くなっている…」と感じます。

他に父にとって生きがいに感じたり、少しでも興味を持ってもらったり、楽しいと思ってもらえるような趣味はないか、一緒に探していかなければなりません。
認知症への進行を食い止めるためにも、対策をしていきます。

ドライブを生きがいにしていたお父様に、免許返納をして貰うのはとても心苦しかったと思います。
ご家族の方が仰る通り、「軽度認知障害(MCI)」と診断された方にとって、楽しいと感じたり生きがいに思えるものがあるのはとても重要なこと。
と言うのも、脳に良い刺激を与えることで、脳の認知機能が活発化し、認知症への進行を防ぐことに繋がるからです。

軽度認知障害(MCI)は適切な対策をとることで、軽度認知障害が改善する可能性は最大44%もあります。

当サイト「MCIナビ」では、他にも体を動かすことや改善に効果があるとされる成分を含んだ食事内容などの対策を広くご紹介していますので、ぜひ取り入れやすいものから実践してみてください。

サイトマップ

バナー バナー