認知症の改善・予防を目指すご家族を支えるサイト

認知症の進行を食い止めるために

認知症や、その前段階の症状を食い止めるための情報をご紹介。認知症の診断・治療におすすめの病院や、認知機能改善に役立つ情報をまとめています。

家族が「軽度認知障害」と診断されたら進行を食い止めたい人のためのMCIナビ » 軽度認知症の行動・心理症状/bpsd

軽度認知症の行動・心理症状/bpsd

認知症の症状には、大きく分けて中核症状とbpsd(行動・心理症状)の2つがあります。記憶障害や判断力障害などの中核症状に対し、中核症状が原因で現れるさまざまな周辺症状のことをbpsdと言います。ここでは、認知症における中核症状について詳しく解説します。

「行動・心理症状(BPSD)」とは?

認知症には、中核となるいくつかの症状があります。たとえば、記憶障害、判断力の障害、失認、失語などです。 これらの中核となる症状は、患者の日常生活の行動面・心理面に対して、さまざまな影響を与えます。たとえば、記憶力や判断力に障害が起こることにより、徘徊するようになるかも知れません。あるいは記憶力の低下から、「ものを盗まれた」と主張するようになるかも知れません。

これら中核症状が原因で発生するさまざまな周辺症状のことを、まとめて「行動・心理症状(BPSD)」と言います。 かつてはBPSDのことを「問題行動」と呼んでいましたが、患者の人権保護の観点から、現在ではBPSDと呼ぶことが一般的です。

BPSDは、患者本人よりも、家族や介護者に多大な影響を与えます。よって見方を変えれば、患者の認知症によって家族・介護者に影響が及んでしまう症状のことをBPSDと理解しても良いかも知れません。

周辺症状は中核症状をベースに、その人のもともとの性格や経験、生活歴や生活環境、人間関係、そのときの体調や心理状態などが複雑に影響し合って生じるものです。

引用(一部改編):監修:東京医科歯科大学脳統合機能研究センター認知症研究部門 特任教授 朝田 隆(2010)「ウルトラ図解認知症 予防・治療から介護まで、知っておきたい最新知識」p.26

軽度認知障害の治療法について

認知症が原因で、徘徊やうつ症状などのbpsd(周辺症状)が見られた場合、適切な治療を行うことによってbpsdの症状が緩和することがあります。ここではbpsdの代表的な3つの治療法について詳しく解説します。

「行動・心理症状(BPSD)」の種類

不安・抑うつ

本人が認知症状を自覚したり、または、家族から認知症状を指摘されたりすると、患者は日常における自信を失います。この自信喪失を主な原因として、患者は大きな不安を抱えたり、うつ症状を生じたりすることがあります。 一般的な鬱病は「悲観的」な傾向に陥るのに対し、BPSDによるうつ症状は「無関心」な傾向に陥ることが多いとされています。 症状を進行させないよう、介護者は本人の不安をあおるような言動を慎むようにしましょう。

認知症による徘徊

記憶障害や見当識障害などの中核症状の影響で、本人にストレス・不安がつのり、徘徊へとつながることがあります。徘徊が現れると、介護者が側にいない限り、本人には行方不明や転倒、脱水などの危険性が生じます。 徘徊の傾向が見られた場合、家族は本人に対し、何を目的に歩いているのかを尋ねてみてください。その目的に違和感があったとしても、本人を説得しようとせず、逆に本人の気持ちに寄り添うようにしましょう。 無理に徘徊をやめさせようとすると、症状がさらに進行してしまうことがあります。介護者に余裕があれば、一緒に歩くなどの対応をしてみてください。

弄便(ろうべん)

認知症が進行して便に対する認識が低下してくると、患者は自身の便をいじったり、寝具や壁、フロアなどに擦り付けたりすることがあります。 介助すればトイレの使用ができる状態であるならば、なるべくオムツを使わずに、トイレを利用して用便をさせるようにしてください。トイレの利用頻度を増やすことにより、弄便の頻度が減ることがあります。

物盗られ妄想

記憶障害や不安感の影響で、ものをどこにしまったかを、患者自身が忘れてしまうことがあります。探しても見つからない場合、「家族や介護者に盗まれた」と主張する患者もいます。 家族や介護者にとっては、強い怒りや悲しみを感じる症状ですが、病気の一環であることを理解し、冷静な対応が望まれます。 対策としては、財布や印鑑などの貴重品をしまう場所を、あらかじめ決めておきます。その場所に大きな目印を付けておくことで、本人の物盗られ妄想が改善することもあります。

認知症によるせん妄

薬の影響や体調不良などの影響で、本人に意識障害が生じ、幻覚を見たり興奮したりなど、せん妄と呼ばれる症状が現れることがあります。人格が変化し、暴言や暴力に発展することもあります。 症状を予防するためには、患者の日々の体調管理が必要。主治医に相談し、医療的な観点からの日常的な対応を学ぶようにしてください。

幻覚

見えないものを見えると言ったり、聞こえないものを聞こえると言ったりなど、幻覚と言われる症状が見られることがあります。周囲から見れば明らかに幻覚と判断できますが、本人にとっては、本当に見えており、本当に聞こえています。 幻覚が現れた場合、本人を安心させるため、介護者は本人の自覚を否定しないことが第一です。加えて、見えると主張する場所に一緒に行き、それが存在しないことを確認させれば、本人が安心する場合もあります。

暴力・暴言

認知症になる前には理性で抑えられていたことを、認知症の影響で抑えられなくなる場合があります。患者の元々の性格も影響し、中には暴力・暴言に発展するケースも見られます。 暴力・暴言が見られた場合、家族や介護者は、それに真っ向から対抗してはなりません。怒りや悲しみなどの感情を抑え、暴力・暴言の原因を考えて本人の気持ちを理解するように努めてください。場合によっては、介護方法の見直しをすることで症状が改善することもあります。

介護拒否

患者が介護を受けることを拒絶することがあります。介護拒否の理由は、本人が介護される理由を理解していないことや、自尊心による拒絶反応など、さまざまです。 介護拒否が見られた場合には、なぜ介護を嫌がるのかを本人から聞いてみましょう。繰り返し尋ねることで、本人の介護拒否の本当の理由が見えてくるものです。理由に応じ、本人が心地よく介護を受けられるよう対策を考えてみてください。

失禁

排尿機能に障害がなくても、認知機能の低下により失禁にいたる例があります。トイレの場所が分からない、トイレの使い方が分からない、排泄行為そのものの意味が分からない、尿意を自覚できないなど、原因はさまざまです。 トイレへの動線を視認できるように工夫することや、生活リズムの中で定期的にトイレに誘導することで、失禁の頻度が減ることがあります。

睡眠障害(不眠、昼夜逆転など)

一般に、高齢になると就寝中の中途覚醒が多くなる傾向がありますが、認知症患者の場合、年齢的な理由に加えて体内時計の調整が上手にいかず、中途覚醒や昼夜逆転などのさまざまな睡眠障害を生じることがあります。 睡眠障害は、本人や介護者の日常生活に対して大きな影響を及ぼします。日中、本人に日光を浴びさせるなどして、体内時計のリズムを回復させるように努めましょう。症状がひどい場合には、主治医に相談してください。

帰宅願望

外出した際や施設などに行った際、認知症の患者が「家に帰りたい」と訴えることがあります。場合によっては、家にいるにも関わらず「家に帰りたい」と訴え、外に出てしまうこともあります。 帰宅願望の原因は、今いる場所が、本人にとって落ち着かない環境だからです。なぜ本人が今の環境で落ち着かないのか、本人に寄り添い、誠意を持って一緒に考えるようにしてください。

異食

食べ物以外のものを口に入れてしまう症状のことを、異食と言います。認知症の症状が進行し、目の前のものが食べ物であるかどうかの判断ができなくなったとき、異食が現れます。 電池やビニールなど、命の危険性があるものを異食してしまうこともあるので、介護者は十分に注意してください。危険なものを本人の目の付かない場所に置くなど、適切な環境整備をするようにしましょう。

参考資料

"認知症専門医師・長谷川嘉哉医学博士「家族を困らせる認知症の周辺症状(BPSD)を専門医が解説!」"http://yoshiya-hasegawa.com/blog/dementia-discrimination/what-is-bpsd-in-dementia/

サイトマップ

バナー バナー